紫外線についての肌の症状や対策について説明する医師

女優みたいな白く透き通るような美しい肌に憧れる方も多いでしょう。メイクをする時だって、白い肌だと最近流行りの赤リップも映えますよね。さて、美白の為に注意したいことがあります。それは紫外線。夏は日焼け止めだけじゃ足りないのです。

美白のために注意したい紫外線

シミやくすみは女性にとって大敵です。
シミは1つでも出来てしまうと、見た目年齢を一気に引き上げてしまいます。
また、くすみも疲れている印象や、シミ同様老けた印象を与えてしまうので、出来るだけ予防したいものです。
シミやくすみが出来る原因は色々とありますが、最大の原因と言われているのが「紫外線」です。
紫外線を浴びると肌は、そのダメージから細胞を守ろうとして、大量のメラニン色素を作り出します。
メラニン色素は通常、肌のターンオーバーという機能によって、古い垢として排出されるのです。
しかし、紫外線を浴び続けてしまうと、メラニン色素の排出が間に合わなくなり、シミやくすみを引き起こします。
加齢やストレス、バランスの悪い食事などによってターンオーバーが、上手く行われなくなるとメラニン色素が沈着し、やはりシミやくすみを招いてしまいます。
美白の為にはメラニン色素を、出来るだけ作らせないようにする、紫外線対策が必要不可欠です。
毎日、日焼け止めを塗ったり、帽子や日傘、ストールなどで物理的に紫外線から肌を守りましょう。
特に、日焼け止めは夏場しか塗らないという方も多いですが、1年中塗る事をおすすめします。
紫外線は寒い冬場や曇り、雨の日さえも地上に降り注いでいます。
ちょっとした気の緩みで紫外線を浴びてしまうと、メラニン色素が作られシミやくすみを招いてしまうのです。
ですので、面倒と感じても毎日日焼け止めを塗る事が、紫外線対策の基本となっています。
ただ、日焼け止めにも色々な種類があり、紫外線防止効果の高い高SPF・PA値の日焼け止めは、毎日塗り続けると肌への負担となってしまうので注意しましょう。
日常生活の紫外線から肌を守るのであれば、SPF25~30程度、PA++~+++程度で十分効果的です。

◆美白するならクリームが一番手軽です
美白クリーム
◆美白と併せて、二重まぶたでもっと美しくなりましょう
二重 切開

上へ戻る