紫外線についての肌の症状や対策について説明する医師

女優みたいな白く透き通るような美しい肌に憧れる方も多いでしょう。メイクをする時だって、白い肌だと最近流行りの赤リップも映えますよね。さて、美白の為に注意したいことがあります。それは紫外線。夏は日焼け止めだけじゃ足りないのです。

美白にいい栄養素を積極的に摂取しよう

シミやくすみのケアといえば、美白化粧品や日焼け止めを使うなど、肌のお手入れを行うといったイメージがあります。
確かにこれらのケアを続ける事によって、シミ・くすみを予防できますが、より美白の効果を得たいのであれば体の中からもケアを行いましょう。
栄養素の中には美白に効果的と言われるものが、いくつかあります。
それらの栄養素を意識して補う事によって、さらに美白効果がアップするのです。
まず、摂りたい栄養素として挙げられるのが「ビタミンC」です。
ビタミンCは還元作用と、優れた抗酸化作用があります。
還元作用のある栄養素は、シミ・くすみの原因となるメラニン色素を薄くする効果が期待できます。
また、抗酸化作用によって活性酸素を除去する事は、美白にも繋がるのです。
ビタミンCは水溶性のビタミンですので、過剰に摂り過ぎた分は尿などで排出されます。
体の中に溜まって健康を害するという事は無いので、積極的に取り入れましょう。
ビタミンCの他に補いたいのが、ビタミンEです。
ビタミンEもビタミンC同様、抗酸化作用に優れています。
この他に血行を促進する働きも、ビタミンEの特徴です。
血流が良くなると肌の新陳代謝が活発になり、肌のターンオーバーという機能によってメラニン色素が排出されやすくなります。
メラニン色素が溜まり難くなれば、シミ・くすみの予防にも繋がります。
また、肌のターンオーバーを促進させるのは、ビタミンEだけではありません。
美容成分として有名な、プラセンタも美白に効果的な栄養素です。
プラセンタもターンオーバーを高め、メラニン色素の排出を促します。
これらの栄養素を食事やサプリメントで、補う事によって体の中から美白ケアが出来るのです。

上へ戻る