紫外線についての肌の症状や対策について説明する医師

女優みたいな白く透き通るような美しい肌に憧れる方も多いでしょう。メイクをする時だって、白い肌だと最近流行りの赤リップも映えますよね。さて、美白の為に注意したいことがあります。それは紫外線。夏は日焼け止めだけじゃ足りないのです。

美白を目指すなら日焼け止めだけではだめ

紫外線は肌の宿敵であり、シミやソバカス、くすみの原因を作ります。
紫外線は夏だけでなく、寒い季節でも一年中降り注いでいますので、一年を通して日焼け止めで肌を保護するのは基本的なことです。
また、紫外線はあらゆる角度から肌を狙っていますので、日焼け止めはこまめに塗り直す必要もあります。日焼け止め以外にも、帽子や日傘も使うことをおすすめします。
日焼け止めには紫外線を吸収する成分や、紫外線を跳ね返して肌に届かないようにする成分が入っていますので、これから浮き出てくるシミやソバカス、くすみを防ぐことはある程度期待できます。
しかし、「美白」となると日焼け止めだけでは物足りません。肌の透明感やすでにあるシミやソバカスには、紫外線防止作用だけではほとんど効果が期待できません。
美白ケアも取り入れたいのであれば、美白専用の成分が配合されているスキンケア化粧品も併用して使うことをおすすめします。
肌を守るための日焼け止めと、シミやソバカスの働きかける攻めの対策を同時に行うことが大切です。
例えば、ビタミンC誘導体やアルブチン、トラネキサム酸が代表的な美白成分であり、様々な美白スキンケア化粧品に配合されています。
ビタミンC誘導体は毛穴の開きやニキビにも効果的です。
これらはどちらかと言うと、今後のシミやソバカス、くすみを防ぐタイプの成分です。
今あるシミを解消するには、ハイドロキノンという成分がありますが、ハイドロキノンは強力な美白作用を持つ反面、肌への刺激もありますので、敏感肌の人は特に注意が必要です。
日焼け止めの中には優秀なものがあり、美白ケアも同時にできるタイプも出ていますので、そういった製品を選ぶのも良い方法です。

上へ戻る